風俗関係の仕事に就けば、がっつりかせげますからね。

今の若い人はキャバクラがあっていいですよね。若さを、おかねに変えれるんですから。基本的に私は、20歳を過ぎたら、自己責任において、法に触れないのであれば、何をやっても自由だと思います。キャバクラは、基本的に男性が若い、ぴちぴちした子とわいわいやるために
うってつけのもので、女の子もおしゃべり上手ならなおさら、天職だと思います。ただ、男の人たちの話を聞いて、、ちょっとはおさわりも許してあげて、お酒をどんどん開けさせればいいのですから。女の子も自由に入りたいときに入れますし、指名がかからなくても、時間さえこなせば、お給料は入ってくるのですから。それも高収入です。私が、わかったら、たぶんキャバクラ勤めはしているんじゃないかなと思っています。それほど、男性にとってもキャバクラ嬢にとっても、WIN=WINの関係ですからね。うまくいって、男性から気に入られて、指名をもらうようになれば、アフターをするのもしないのも女性しだいです。そうなると、一晩の関係になるからです。でも、気に入ってもらえれば、ブランド品は、もう、自分で買うものじゃないのです。買ってもらうものなのです。それに、チップももらえちゃうかもです。それで、そういう人が女性の魅力で、何人も増えていけば、その子はかなり稼いでしまえるのです。デリヘルという方法もあります。デリヘルのメリットは、キャバクラみたいに、競争が無いことです。登録しておいて、きれい目の写真さえ用意できれば言い訳ですから。それで、いろんな人のご機嫌をとらなくてもいいし、一人の男性の機嫌だけをとればいい話ですから。こんなぼろい話は無いですよ。人妻でも昼の需要もあると聞いています。また、アラフォー世代でも、熟女を指名してくるお客さんがいるということです。熟女でも、デブでもありかもしれませんよ。人の好みはわかりませんからね。それで、また、その人に気に入られると、ブランド品は自分で買うものでは、無くなるのです。